フロアコーティングで日焼けを防止

フローリング床は日焼けをしてしまって床の表面がかささくれ状態になってしまう事も有ります。時に陽当たりが良い住宅のフローリング床は、窓際などが日焼けを起こしてしまうことが多いのです。



カーテンなどで遮光をしても隙間などから差し込む紫外線により日焼けが起きてしまうこともあり注意か必要です。

日焼け対策も必要なのですがカーテンを閉めたままでは部屋の中も暗くなってしまいます。



折角陽当たりが良いのに勿体無い話でもあるわけですが、フローリング床の表面に樹脂成分などが含まれているコーティング材料を塗布するフロアコーティングはどうでしょうか。

フロアコーティングはアクリルやウレタン、シリコン、UVコーティングなど幾つかの種類が在りますが、日焼けにも強い材料のフロアコーティングなら陽当たりが良い部屋でも安心ですし、カーテンも開けておくことで太陽の光を部屋の中に取り込む事が出来ます。



また、フロアコーティングはワックスなどとは異なり、耐用年数が3年から30年と言われています。


耐用年数はコーティング材料の種類により変わって来ますが、30年などの耐用年数を持つフロアコーティングを施行する事でメンテナンスが要らなくなるなどのメリットが在ります。

また、日頃の掃除もフローリング床には厳禁とされる水拭きでの掃除が出来るため、小さな子供がジュースをこぼしてしまってもベトベトしないように水拭き掃除が出来るなどのメリットも在ります。